定年退職後にオーストラリアで住む方法


将来的に人材不足が懸念されるオーストラリアは積極的に若いスキルを持った労働力を世界から求めていますが、一方で定年退職後(55歳以上)、オーストラリアに住みたいとお考えの方々にも門戸を開いています。投資家退職者ビザはそういった方々のためのビザです。

投資家退職者ビザ(サブクラス405)は、55歳以上で、且つ配偶者以外の扶養家族がいないことが条件となります。またオーストラリアで長期にわたって投資する意志のある方が対象で、4年間有効のビザです。また期間満了後は更新も可能です。

本ビザを取得するための条件ですが、住む場所(州及び都市)によって条件が変わるので注意が必要です。ここではクイーンズランド州の地方都市ケアンズと主要都市ゴールドコーストの二つの地域に分けて見ていきたいと思います。

ケアンズ(地方都市)

1.     55歳以上

2.     クイーンズランド州からスポンサーをもらう

3.     満期4年の州の債権を少なくとも50万豪ドル購入する

4.     債権は本人名義、もしくは配偶者名義のみ

5.     元本の返金は州によって保証

ゴールドコースト(主要都市)

1.     55歳以上

2.     クイーンズランド州からスポンサーをもらう

3.     満期4年の州の債権を少なくとも75万豪ドル購入する

4.     債権は本人名義、もしくは配偶者名義のみ

5.     元本の返金は州によって保証

ご覧のように、地方都市と主要都市とでは、投資金額の要件に差があります。また地方都市へ居住を希望される場合は、申請者本人及び配偶者合わせての収入が少なくとも毎年(オーストラリアに居住している間)年間5万豪ドル、主要都市の場合は年間7.5万豪ドル得ていることを証明する必要があります。

投資家退職者ビザ、いかがでしょうか? ビザを取得後、オーストラリアでマンションや家を購入することも可能です。州の債権に投資すると言っても元本は保証されていますし、利子が付きます。

Go to top