RSMSビサ(地方雇用主指名ビザ)


RSMS/地方雇用主指名永住ビザ (Regional Sponsored Migration Scheme (Subclass 187))

 

 

地方雇用主指名永住ビザ申請のための基本要件:

スポンサー

地方にある会社からスポンサーされる必要があります。また、スポンサーされる際のあなたのポジション(職種)が重要です。また、ここで言う『地方』の定義ですが、こちらをご覧下さい。

年齢

ビザ申請時、50歳未満である。

英語力

IELTS6.0以上(すべてのセクションで)を取得している。

資格・技能

ポジション(職種)によって、必要とされるスキル基準が違います。*

その他

健康、無犯罪歴等。

 

*スキル基準:職人系のポジションは豪で認定されることが必要。

RSMSビザ、またはENSビザは、申請してからビザの成否が判断される期間は他の永住ビザに比べ、非常に早いのが特徴です(通常4-7ヶ月程)。この背景には、基本的に、スポンサーを貰って永住ビザを申請する人は即戦力と考えれているからです。オーストラリアのビザ発給ポリシーは現在または中長期の経済の動きによって決められていきますが、雇用側が必要としている人材がやはり一番の優先順位なのです。

 

 

 

 

ビザに関しては最新情報を常にアップデートしているフランクランザ移民サービスのサイトへ  

Go to top