まず、なぜオーストラリアなのか?という事で以下、まとめてみました。

·         素晴らしい教育システム

·         バラエティーに富んだコース

·         比較的安価な授業料と生活費(特にアメリカ・イギリスと比較して)

·         世界的に認知されているオーストラリアの資格

·         革新的ティーチングと学習

·         留学生に対する素晴らしいサポートシステム

·         安全安心な国、オーストラリア

·         世界中から来ている留学生とのネットワーク

·         2年以上の留学後、永住権の可能性も

さて大学選びですが、大学院選びと同様に、あなたの留学が『移住のための留学』なのか、それとも『キャリアアップのための留学』なのかを考慮した上で選択していきましょう。

まずロケーションです。オーストラリアは南北では気候がかなり違います。また当然、留学中にかかる経費をなるべく抑えたいのであれば、渡航費用、物価の安い地域を選ぶことになるでしょう。また永住権獲得をこの段階でお考えの方は、地方の大学をお勧めします。

オーストラリアの大学は、ほとんどが総合大学なのでどの大学を選んでも基本的に様々なコース選択肢があります。しかし、それぞれの大学は、そのロケーションや辿ってきた歴史により特徴ある学部、コースを用意しています。ビジネスに強い大学、環境に強い大学、天然資源開発のコースを用意している大学、また南極学、ワイン学など他の国の大学にないコースを提供している大学などなど。最終的には自分の興味や将来のキャリアのために何が必要かを考慮し専攻を決めると良いでしょう。

英語です。大学院ほどではないのですが、それぞれの大学で専攻科目によって違ったハードルを課しています。基本的にIELTSでトータル6ポイント以上は最低限必要です。TOEFLに換算するとインターネットベースで79点、コンピューターベースで213点、ペーパーベースで最低550点ということになります。ただ、IELTS5.5ポイント以上あれば大学準備コースを得て再度テストを受けなくても編入できる大学もあるので、ぜひ当社にご相談ください。

最後に授業料です。 残念ながら年々上がり続けています。大学、専攻科目によって千差万別ですが、基本的に1年間で日本円で220350万円くらいです(90/A$1と換算して)。